2016年5月19日木曜日

防衛で想定する相手(TH9特化)

いまはネット上で様々な対戦特化型配置を見ることができます。

こちらもTH9だけのお話しです。

自分はどんな相手から防衛すべきなのか?
それを考える必要があります。

大きく3パターンに分類します。


1:フルカンスト330~火壁半分くらいの320クラス


  相手ヒーローもカンストレベルに攻められることが多いでしょう

 ターゲット戦術:クイヒーからのバルキリーもしくはラヴァバルーン

  援軍を釣らせにくく、バルキリーが散る工夫、なおかつ対空砲二本折りしにくくする。

 貰う援軍:クイヒーを邪魔する援軍  時間を食わせるラヴァ・ゴーレム クイーンにクロークを使わせる可能性の高いガゴの群れなど

2:施設カンスト 壁レゴ以上 310~300

高レベルクイヒーが来る可能性もあり、ゴレホグも来る。一番ターゲットの絞りにくい難しいクラス。相手上位のクイヒーは諦めるのも有、ゴレホグに落とされないようにする。ゴレホグのバルキリー交じりにも要注意なので、雑魚援軍は入れない。

 ターゲット戦術:ゴレホグ  さらにクイヒーからのバルキリーもしくはラヴァバルーン

  ゴレホグを特に意識しつつ、援軍を釣らせにくくクイヒーを事故らせる工夫を

 貰う援軍:ゴレホグの前半パートの邪魔をする。クイーンとウィズだけを足止めするラヴァ

3:施設カンスト 壁薄い ヒーロー20以下 290以下


 ターゲット戦術:ゴレホグ 

  とにかくゴレホグに落とされない工夫を! クイーン処理しにくるので、クイーンの区画に2連を置かない。2連は深い場所に。チョロ出しホグに2連解除させない。
 
 貰う援軍:ゴレホグの前半パートの邪魔をする。クイーンとウィズだけを足止めするラヴァ

0 件のコメント:

コメントを投稿